北ミサイル連発の狙いは“拉致優先”安倍政権と米中韓の分断

公開日: 更新日:

 経済制裁の一部解除と前後して早くも5度目の発射だ。13日、日本海に短距離弾道ミサイル2発をブッ放した北朝鮮。安倍首相は「国連安保理決議違反だ」と抗議しながらも、「日朝協議に影響を及ぼすことはない」「拉致問題解決に全力を尽くす」と、あくまで拉致優先の姿勢を鮮明にした。安倍首相が拉致決着に前のめりになるほど独裁国家の思うツボ。金正恩第1書記の高笑いが聞こえてきそうだ。

 7月1日の日朝局長級協議を挟み、北は先月26日、29日、そして今月2日、9日にも日本海に向けミサイルを撃ち込んだ。きのうは韓国との軍事境界線に近い開城付近から発射。韓国内の広範囲に弾道ミサイルが届くことを誇示した格好だ。軍事境界線付近からのミサイル発射は異例で、日本の制裁解除によって北の挑発は明らかにエスカレートしている。

 北朝鮮国防委員会は12日、米空母「ジョージ・ワシントン」の釜山入港を非難する談話を発表。同空母は16日から始まる米韓軍事演習に参加予定だ。そのため、今回の発射は軍事演習への牽制との見方もあるが、それにしても短期間でミサイルを連発しすぎだ。北の「挑発」には、さらなる思惑がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る