北ミサイル連発の狙いは“拉致優先”安倍政権と米中韓の分断

公開日:  更新日:

 経済制裁の一部解除と前後して早くも5度目の発射だ。13日、日本海に短距離弾道ミサイル2発をブッ放した北朝鮮。安倍首相は「国連安保理決議違反だ」と抗議しながらも、「日朝協議に影響を及ぼすことはない」「拉致問題解決に全力を尽くす」と、あくまで拉致優先の姿勢を鮮明にした。安倍首相が拉致決着に前のめりになるほど独裁国家の思うツボ。金正恩第1書記の高笑いが聞こえてきそうだ。

 7月1日の日朝局長級協議を挟み、北は先月26日、29日、そして今月2日、9日にも日本海に向けミサイルを撃ち込んだ。きのうは韓国との軍事境界線に近い開城付近から発射。韓国内の広範囲に弾道ミサイルが届くことを誇示した格好だ。軍事境界線付近からのミサイル発射は異例で、日本の制裁解除によって北の挑発は明らかにエスカレートしている。

 北朝鮮国防委員会は12日、米空母「ジョージ・ワシントン」の釜山入港を非難する談話を発表。同空母は16日から始まる米韓軍事演習に参加予定だ。そのため、今回の発射は軍事演習への牽制との見方もあるが、それにしても短期間でミサイルを連発しすぎだ。北の「挑発」には、さらなる思惑がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る