「暑い」と嘆くぐらいなら…せめて“猛暑銘柄”でひと儲け

公開日: 更新日:

 猛暑銘柄が熱い。きのう(31日)はエアコンを手掛ける富士通ゼネラルとダイキン工業が揃って年初来高値を更新した。

「例年、この時季は夏枯れ相場になりますが、今年は地味ながら上昇傾向がクッキリしてきました。猛暑関連銘柄はまだまだ値上がりするでしょう」(市場関係者)

 サマーラリー(9月上旬まで)の代表格はビールや清涼飲料水だ。アサヒグループHDやキリンHDが王道だが、今から仕込むとなると、ちょっとシブい銘柄を狙いたい。

「たとえばペットボトル飲料にマトを絞るだけで、関連銘柄は豊富にあります。例えば、ペットボトル成形機の住友重機や日精樹脂などです」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 成形機を使ってペットボトルを製造するのは東洋製缶や、三菱ケミカルグループの三菱樹脂だ。容器の中身は、飲料メーカーから受託生産(OEM)しているジャパンフーズなどが製造。飲料には長谷川香料の香料も使われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る