安倍首相がすがるワンチャンス 9.12「日朝首脳会談」

公開日:  更新日:

 9月10日にも北朝鮮の「特別調査委員会」が、調査結果を報告する予定になっている拉致問題。9月12日に「安倍晋三―金正恩」の日朝首脳会談が開かれるという衝撃情報が流れている。
 安倍首相の<9・12電撃訪朝>は、お盆休みの間に一斉に広がった。

「まず9月3日の内閣改造で、拉致担当の古屋圭司を留任させ、8日に古屋大臣がジュネーブに飛んで北朝鮮の大臣と会い、10日に北朝鮮から渡される“帰国者リスト”の中身を確認したうえで、12日に安倍首相が訪朝するというものです。ちょうど13日には“救う会”が日比谷公会堂で大会を開く。そこで安倍首相が“被害者奪還”の報告をする、ともっともらしい解説つきでした」(官邸事情通)

 実際、「日朝交渉」は急ピッチで進んでいるらしい。
 朝鮮問題に詳しい国際ジャーナリストの太刀川正樹氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る