運行予定残し終了…赤字垂れ流しだった東京都「終夜バス」

公開日:  更新日:

 結局は税金のムダ遣いだったわけだ。東京都が六本木~渋谷間を走る「終夜バス」の運行を31日で終了すると決めた。

“裏金”問題で辞職した猪瀬直樹前知事が「東京を24時間化し、ライフスタイルを変える」と豪語し、昨年12月から鳴り物入りで始まった「終夜バス」。毎週土曜、午前1~5時の間に4往復8便を走らせていたが、1年間の運行予定期間を2カ月も残してあっけなく終了となった。

「渋谷まで乗っても、結局は電車が動いていないから、家に帰れない。車内はガラガラで薄気味悪く、変な酔っぱらいが襲ってくるのではないかと思うと不安でたまりませんでした。二度と利用しないと思いましたね」(ある利用者)

■1便当たり10人足らず

 都によると、今年1月から9月までの終夜バスの1日当たりの利用者は平均約75人。1便当たりの利用者は10人にも満たなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る