運行予定残し終了…赤字垂れ流しだった東京都「終夜バス」

公開日: 更新日:

 結局は税金のムダ遣いだったわけだ。東京都が六本木~渋谷間を走る「終夜バス」の運行を31日で終了すると決めた。

“裏金”問題で辞職した猪瀬直樹前知事が「東京を24時間化し、ライフスタイルを変える」と豪語し、昨年12月から鳴り物入りで始まった「終夜バス」。毎週土曜、午前1~5時の間に4往復8便を走らせていたが、1年間の運行予定期間を2カ月も残してあっけなく終了となった。

「渋谷まで乗っても、結局は電車が動いていないから、家に帰れない。車内はガラガラで薄気味悪く、変な酔っぱらいが襲ってくるのではないかと思うと不安でたまりませんでした。二度と利用しないと思いましたね」(ある利用者)

■1便当たり10人足らず

 都によると、今年1月から9月までの終夜バスの1日当たりの利用者は平均約75人。1便当たりの利用者は10人にも満たなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る