二階俊博総務会長は首相も恐れる“コワモテ”

公開日:  更新日:

「今、官邸が一番警戒しているのが二階総務会長です」(政治評論家・有馬晴海氏)

 親中派の有力議員のひとり。尖閣問題について9日、「棚上げに応じるべきだ」との見解を示すなど、安倍首相と路線が対立する時もある。

 そんなコワモテに最近、よからぬ噂がたっているという。

「二階さんが『ボケ始めているのではないか』といった声が聞かれます。『脳梗塞になった』という説もあります。確かに昔のような機敏さは感じられなくなりましたね」(自民党関係者)

●和歌山の角栄 和歌山県御坊市の出身。父は稲原村村長を務め、母は医師というエリート一家で育った。和歌山県の県立高校から中大法学部に進学する。卒業後は、建設大臣を務めた遠藤三郎の秘書を務め、1975年に和歌山県議に初当選。県議2期を務め、83年に衆院選で初当選してから連続10回当選している。運輸大臣、経産大臣、国対委員長などを歴任し、現在は二階派の領袖として32人の派閥を率いる。その剛腕な手法から「和歌山の角栄」とも呼ばれ、恐れられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る