二階俊博総務会長は首相も恐れる“コワモテ”

公開日:  更新日:

「今、官邸が一番警戒しているのが二階総務会長です」(政治評論家・有馬晴海氏)

 親中派の有力議員のひとり。尖閣問題について9日、「棚上げに応じるべきだ」との見解を示すなど、安倍首相と路線が対立する時もある。

 そんなコワモテに最近、よからぬ噂がたっているという。

「二階さんが『ボケ始めているのではないか』といった声が聞かれます。『脳梗塞になった』という説もあります。確かに昔のような機敏さは感じられなくなりましたね」(自民党関係者)

●和歌山の角栄 和歌山県御坊市の出身。父は稲原村村長を務め、母は医師というエリート一家で育った。和歌山県の県立高校から中大法学部に進学する。卒業後は、建設大臣を務めた遠藤三郎の秘書を務め、1975年に和歌山県議に初当選。県議2期を務め、83年に衆院選で初当選してから連続10回当選している。運輸大臣、経産大臣、国対委員長などを歴任し、現在は二階派の領袖として32人の派閥を率いる。その剛腕な手法から「和歌山の角栄」とも呼ばれ、恐れられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る