毛並だけは超一流 酒と従順で留任した岸田文雄外務相

公開日:  更新日:

■岸田文雄外務相(57=広島1区、当選7回)

 政界随一の酒豪だ。昨年11月、ロシアのラブロフ外相が来日した際に夕食会で広島の地酒を相手の杯につぎ、3時間にわたって酒量を競い合ったとの逸話が残る。

 当選同期の安倍首相と親交を深めたのも、酒がきっかけ。駆け出しの頃に在籍した党青年局主催の台湾交流イベントで、青年局長だった下戸の安倍首相に代わって酒豪揃いの台湾政治家らの歓迎の酌を一手に引き受けた。その甲斐あって出世の登竜門、青年局長ポストを安倍首相から受け継いだ。

 内閣改造の前日も派閥事務所で夕方から一杯やっていたという。

「おとなしそうに見えて普段は“べらんめえ口調”なんです。一時は幹事長に本命視されていたのに、この日は<幹事長なんて誰でもいい。総理がいればいいんだよ>と大荒れ。<福島と沖縄(の知事選)で負けたらポイ捨てだろ。そんな幹事長は誰も受けねえだろ>と言いたい放題でした」(外務省事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る