日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

「不戦の誓い」削除の前科 安倍首相「70年談話」戦前逆戻り

 いよいよ「ウルトラ右翼」の本性がムキ出しになってきた。8月にも公表する「戦後70年談話」について、植民地支配や侵略戦争を認めた「村山談話(戦後50年)」や「小泉談話(同60年)」など、歴代内閣の談話の記述を踏襲しない考えを明らかにした安倍首相。新たな文案を検討する有識者会議が2月にも開かれるが、恐らくメンツはいつもの「右翼仲間」ばかりだ。大幅見直しは必至で、近隣国はもちろん、世界中から反発の声が上がるのは間違いない。

「今まで重ねてきた(談話の)文言を使うかどうかではなく、安倍内閣としてどう考えているかという観点から談話を出したい」。NHKの「日曜討論」(25日)でこう強調した安倍首相。村山・小泉談話で使われた「植民地支配」「侵略」「お詫び」などの文言を「こまごましたもの」と言い切る姿は唖然ボー然だった。

 安倍首相は一応、村山・小泉談話に理解を示していたが、とても信用できない。慰安婦問題で日本軍の関与を認めて謝罪した「河野談話」について、「継承する」としながら、昨年10月の衆院予算委で、「日本が国ぐるみで性奴隷にしたと、いわれなき中傷が世界で行われている」なんて二枚舌答弁をしていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事