5月「内閣改造」急浮上…裏に二階総務会長の“総裁選出馬”説

公開日: 更新日:

「5月に内閣改造があるのか」――。予算が成立した後の“改造説”が流れている。

 政界関係者がこう言う。
「民主党の岡田克也代表が辞任するという説が、囁かれています。短期間に網膜剥離の手術を2回も行い、とてもムリはできない状態。党大会を欠席し、統一地方選があるのに地方にも行けない。責任感の強い岡田さんは、統一地方選前に代表を辞めるのではないかとみられているのです。恐らく後任は、代表選で2位だった細野豪志でしょう。若い細野が代表になれば、空気はガラリと変わる。統一地方選で勝利し、支持率がアップする可能性がある。その時、民主党の勢いをそぐために、安倍首相が内閣改造に踏み切る可能性はゼロじゃない。改造すれば、“政治とカネ”を抱える閣僚を一掃することもできます」

 内閣改造説が流れているもうひとつの理由は、自民党内の引き締めだ。安倍首相の独裁体制が強まっているが、安倍首相本人は、予想外のライバル出現に焦り始めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る