アジア投資銀に大国参加で習近平高笑い、安倍首相歯ぎしり

公開日: 更新日:

“中国嫌い”の安倍首相が歯ぎしりしている。中国政府が中心となって設立する「アジアインフラ投資銀行」への参加を表明する国が続出しているからだ。
 当初、中国を警戒するG7各国は参加しないとみられていた。ところが、英国が参加申請したのにつづき、フランスと豪州が参加を検討。すでにニュージーランドは参加を表明し、参加表明は28カ国に拡大している。

 2015年末に設立予定の「アジアインフラ投資銀行」は、アジア地域で道路や鉄道などのインフラ整備を支援する国際金融機関。戦後、日本が歴代総裁を輩出する「アジア開発銀行」と、もろにバッティングする。巨大なライバル出現に、佐々江賢一郎駐米大使は「悪貨が良貨を駆逐するようなことになってはいけない」と、参加国が増えないように牽制していたが、英国まで参加を表明し、安倍官邸は大慌てしている。

「アメリカが批判的なこともあって、日本政府は<先進国は参加しないだろう>と高をくくっていました。しかし、アジアの新興国からしたら、資金を出してくれるならどこだって構わないし、先進国にとってもアジアのインフラ整備はビッグビジネス。中国が設立する新銀行にはニーズがある。いくら中国が憎いからといって、潰そうとするのは無理がある。G7は参加しないだろうと考えていたとしたら、国際情勢を分かっていません」(外務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る