アジア投資銀に大国参加で習近平高笑い、安倍首相歯ぎしり

公開日:  更新日:

“中国嫌い”の安倍首相が歯ぎしりしている。中国政府が中心となって設立する「アジアインフラ投資銀行」への参加を表明する国が続出しているからだ。
 当初、中国を警戒するG7各国は参加しないとみられていた。ところが、英国が参加申請したのにつづき、フランスと豪州が参加を検討。すでにニュージーランドは参加を表明し、参加表明は28カ国に拡大している。

 2015年末に設立予定の「アジアインフラ投資銀行」は、アジア地域で道路や鉄道などのインフラ整備を支援する国際金融機関。戦後、日本が歴代総裁を輩出する「アジア開発銀行」と、もろにバッティングする。巨大なライバル出現に、佐々江賢一郎駐米大使は「悪貨が良貨を駆逐するようなことになってはいけない」と、参加国が増えないように牽制していたが、英国まで参加を表明し、安倍官邸は大慌てしている。

「アメリカが批判的なこともあって、日本政府は<先進国は参加しないだろう>と高をくくっていました。しかし、アジアの新興国からしたら、資金を出してくれるならどこだって構わないし、先進国にとってもアジアのインフラ整備はビッグビジネス。中国が設立する新銀行にはニーズがある。いくら中国が憎いからといって、潰そうとするのは無理がある。G7は参加しないだろうと考えていたとしたら、国際情勢を分かっていません」(外務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る