中国にやられた「アジア開発銀」 歴代トップたちの無能無策

公開日: 更新日:

 習近平国家主席の“高笑い”が聞こえてきそうだ。中国主導で年内に設立する国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」に、イギリスに続き、ドイツ、フランス、イタリアが参加を決めた。

 これで参加国は計31カ国に。日米とカナダを除くG7の過半数が“支持”に回ったことで、アジア経済で中国の影響力が強まることは間違いない。

 さらにオーストラリアも参加を検討中で、韓国も今月中に参加を表明するという報道が相次いでいる。

 既存の「アジア開発銀行(ADB)」との役割分担が明確でないなどと反発してきた日米は、中国にまんまとしてやられた格好だ。

「そもそも、中国がAIIBの設立に向けて動いたのは、ADBに対する不満があったからです。1966年の発足時から最大出資国である日米(出資比率15・65%)主導で、総裁も初代の渡辺武氏から現在の中尾武彦氏に至るまで9代続いて日本人。それも、日銀出身のひとりを除いて全員元財務(大蔵)官僚です。財務省国際局長から財務官を経てADB総裁という天下りの指定席になっている。当然、67の加盟国から批判の声もありましたが、米国の後ろ盾もあって死守してきたのです」(財務省関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る