関連株下落 ドローン不安煽り自ら潰す安倍政権の「成長戦略」

公開日:  更新日:

 首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」が落下しているのが見つかったことで、政府与党がテンヤワンヤ。随分前から法整備の必要性が指摘されてもナーンもしてこなかったくせに、突如、規制強化を急ごうとするさまはヒステリックで異様だ。

 24日、菅官房長官と自民党の二階総務会長が会談し、ドローンの飛行制限の必要性などについて協議した。国交省や警察庁なども連絡会議を開き、官邸や国会、皇居周辺、原発などの上空が規制対象になりそうだ。衆院事務局に至っては、「ドローンには爆発物、放射物質、細菌、化学物質を搭載することが可能で、テロ行為が行われるおそれがある」と警戒を呼び掛ける文書までまとめ、議員らに通知した。

 この慌てぶりには片腹痛くなってくる。

 そもそもドローンは軍事用として開発され、それがこの4~5年で民生用に下りてきたものだ。アマゾンは2013年に“ドローン宅配”計画を打ち出し、ディズニーは人形をドローンで吊って操る新アトラクションプランを特許申請しているが、今のところ、米国は商用ドローンの使用を一切認めていない。テロの危険があるのはもちろん、小型でも約500グラムあり、落下したり人や物に衝突すると大事故につながりかねないからだ。今年1月にはホワイトハウスに墜落する騒ぎも起き、慎重に法整備を進めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る