• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都構想「反対」自民府連会長に聞く 官邸と党本部が冷たい理由

 大阪都構想の住民投票まであと3日。下馬評は反対派優勢だが、気になるのは安倍官邸と橋下大阪市長との蜜月ぶりだ。自民党の大阪府連は共産や社民とも“共闘”し、反都構想で動いているが、菅官房長官は府連の戦いについて、「理解できない」と一蹴した。党を挙げて反対運動をするでもなく、官邸と自民党大阪府連の関係はねじれている。府連の竹本直一会長を直撃してみた。

――官邸は都構想に賛成なんですか、反対なんですか?

「わかりません。反対するなとも言ってきません」

――でも、安倍官邸は橋下市長を評価している。改憲の時に協力してもらう下心で、維新とケンカしたくないんじゃないですか?

「もし官邸がそう考えているのだとしたら、それは違うと思いますよ。都構想が住民投票の反対で実現しなくても、維新の国会議員の数が減るわけじゃないでしょう。協力してもらうことは可能です。むしろ、都構想が成立すると、橋下市長の態度が大きくなったり、条件を付けてくるかもしれない。改憲に協力して欲しいから都構想に反対しないというのはおかしいんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る