安全性に懸念のオスプレイ 日本上空は“飛び放題”のカラクリ

公開日:  更新日:

 米軍の新型輸送機「オスプレイ」が17日、ハワイで訓練中に墜落事故を起こし、改めて、安全性への懸念が広がっているが、米海兵隊のデービス航空副司令官は「機体に不具合はなかった」といい、米国国防総省は普天間基地に配備済みのオスプレイ24機について「現段階の日本での運用を変更する計画はない」と涼しい顔。横田基地への配備もそのままだ。

 ま、それが米軍の理屈だとして、許しがたいのは文句ひとつ言えない日本側の対応だ。

 あまり知られていない話だが、沖縄の米軍住宅上空では米軍ヘリやオスプレイは飛べないことになっている。それが日本人の住宅街の上は飛べるわけだ。これに対し、08年3月、民主党と国民新党、社民党が日米地位協定改定案作成に動いたことがある。改定案に米軍機は日本の国内法(航空法)に従うということが盛り込まれていたが、いまだに改定は実現していない。その結果、自衛隊機は日本の航空法に従うのにオスプレイなど米軍機は飛び放題なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る