着々進むカジノ解禁 “依存症”規制はシンガポール型で決着か

公開日: 更新日:

“懲らしめ発言”や安保法案で大揺れの安倍政権だが、その裏で着々と進めているのが、通称カジノ法案だ。カジノを含む統合リゾート(IR)の解禁を目指すIR議連の幹部は6月29日、都内のホテルで開かれた「IR・ゲーミング学会 第12回学術大会・総会」に参加。カジノ法案の行方について語っていたのだ。

「総会に参加したのは、IR議連会長の細田博之氏、同副会長の小沢鋭仁氏、そして同事務局長の萩生田光一氏。萩生田氏は遅れて来ましたが、『IR法案の行方と議連の今後の展開』をテーマに座談会を行ったのです。『安保法案次第で、IR法案の審議がずれ込む可能性も』と慎重な言い回しながら、座談会は40分に及び、“今度こそ”という意気込みは十分感じられました。細田氏と萩生田氏といえば、安倍首相の側近ですしね」(参加者)

 安保法案との兼ね合いで、IR議連幹部が慎重なのはもっともだが、それでも“おっ”と盛り上がる場面があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  9. 9

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る