自民党「安保」解説番組でウソ…民主・辻元議員の抗議に謝罪

公開日: 更新日:

 安倍首相が安保法案について説明する自民党のネット番組が「全面降伏」した。民主党の辻元清美衆院議員は14日、番組で安倍首相らに事実と反する発言があったとして、同党に撤回と謝罪を求める文書を提出。同党は辻元議員に「誤解を招く表現となったことで、不快の念を与えたとすればおわび申し上げる」と文書で謝罪した。

 ネット番組は「平和安全法制のナゼ?ナニ?ドウシテ?」。13日までの5夜連続で、安倍首相が「安保法案」について自ら説明する“肝いり番組”だった。

 問題発言があったのは13日。自民党の丸川珠代参院議員が辻元議員が設立したNGO「ピースボート」に触れ、「ピースボート(のクルーズ船)に乗っていたのは辻元議員だが、海賊が出る海域を通る時、自衛隊に護衛を頼み、守ってもらった」などと指摘。これに対し、安倍首相が「海賊対処の法案を出した時も民主党は反対だった。しかし、実際にいざ危なくなると、助けてくれということなんだろう」と応じていた。

 しかし、辻元議員によると、当該クルーズ船への乗船や護衛の依頼への関与を全面否定。「悪質なデマやレッテル貼り」として抗議した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る