日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強行採決に「異論」 石破茂&塩崎恭久2大臣の“計算と思惑”

「いったい、なにを狙っているのか」――。

 石破茂地方創生相と、塩崎恭久厚労相の2人が、安保法案の強行採決に「異論」を唱えたことに、自民党内で臆測が飛んでいる。大臣2人が発言したのは、採決前日の14日。

 石破大臣は、安保法案について「国民の理解が進んでいるかどうかは、世論調査の通りだ」「あの数字を見て、国民の理解が進んだと言い切る自信はない」と言い放った。塩崎大臣も「理解が進んでいない」と記者会見で発言している。

 安倍独裁が強まり、いまや自民党内で安倍首相の機嫌を損ねるような発言をする議員は皆無だ。安倍支配が強まるなかで、2人の大臣が正面切って強行採決にケチをつけたことで衝撃が走っているのだ。

「石破さんと塩崎さんは、思惑が違います。石破さんは、明らかに総理に反旗を翻した。大臣を辞めるつもりでしょう。これ以上、地方創生相を続けてもいいことはない。地方創生に失敗したら責任を押しつけられ、成功したら首相の手柄になるだけ。この1年で身に染みたはずです。と同時に、安倍政権は長くないと判断したのだと思う。閣内にいたら“ポスト安倍”に名乗りを上げづらいので、どうしても閣外に去りたい。実際、安倍首相は、強行採決に異論を唱えた石破さんを次の人事で更迭する可能性が高い。石破さんは総裁選に備えて、国民の反対が強い安保法案について一言、自分の気持ちを言っておいた方が得策だと考えたはず。塩崎さんの場合は、秋の人事でクビになることが既定路線なので、開き直って、言いたいことを口にしたのでしょう」(自民党関係者)

 政権が崩壊する時は、内部から異論が噴出し、造反者が出るものだ。これも安倍政権崩壊の前兆ではないか。もうひとり、安倍首相に逆らう大臣が出たら、おもしろくなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事