森功
著者のコラム一覧
森功ノンフィクション作家

1961年、福岡県生まれ。出版社勤務などを経て、03年からノンフィクション作家として活動を開始。「ヤメ検 司法エリートが私欲に転ぶとき」「同和と銀行」「腐った翼 JAL消滅への60年」など著書多数。最新刊は「現代日本9の暗闇」(廣済堂新書)。

<第11回>「派遣法」前代未聞の改正

公開日:  更新日:

大企業と派遣会社のゴリ押しで

 9月11日、ついに労働者派遣法の改正案が成立した。これまで政府の提出した改正派遣法案は、昨年の通常国会と臨時国会で相次いで廃案になってきただけに、安倍晋三政権にとって文字通り三度目の正直、悲願の法改正といえる。

 同じように何度も提出されては、審議入りを見送られてきた議員立法のカジノ法案との違いは何か。それは、派遣法の改正が政官業の利害関係者にとって、今国会の成立が待ったなしだったからにほかならない。

 その要因は、2012年4月に民主党が制定した「労働契約申込みみなし制度」だ。通称「みなし雇用制度」。08年のリーマン・ショック後、解雇された派遣労働者が社会にあふれ、派遣に歯止めをかけようとした法整備である。

 みなし雇用制度では、企業側が3年を超えて派遣労働者を使う場合、直接雇用しなければならない。少なくとも3年以上経てば、企業側が自動的に派遣労働者に雇用契約を申し込んだとみなす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る