“懲りない男”東国原英夫氏 今度は「来夏参院選出馬説」が浮上

公開日:  更新日:

“あの人は今”になるまいと必死だ。東国原英夫が、来夏の参院選出馬を模索しているという。維新の党の分裂騒動に乗じて、“橋下新党”から出馬するつもりだ。

「先週、選挙カーのレンタルで有名な会社に、東国原氏の知人を名乗る人物から予約が入りました。“全国規模の選挙で使う予定”と説明があったそうです。来夏の参院選で、全国比例、あるいは東京選挙区から出馬するつもりらしい」(関係者)

 この会社の選挙カーはパレードなどにも使われることで知られ、テリー伊藤やAKB48がプロモーションに一役買っている。特に芸能イベントや宣伝活動の需要が伸びているという。目ざとい東国原氏は、“いざ選挙”となった時のために、先回りして予約したようだ。

 2011年1月に宮崎県知事を1期でヤメた東国原氏は、東京都知事選、衆院選出馬と無節操に動き回り、2年前に衆院議員を任期途中で放り出してからは、キワモノ扱いされている。昨年、宮崎県知事に返り咲こうとして地元をウロチョロしたがまったく相手にされず。今年、出馬のウワサがあった奈良県知事選、大阪市長選の出馬も立ち消えとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る