エアコンの一番人気は「最小&省エネ」タイプ

公開日:  更新日:

 近年の猛暑は自然な涼をとれない。もはや適度にエアコンを使用することは体ケアの基本だ。100機種以上が揃う「ビックカメラ有楽町店」の売れ筋は?

「一般的な10畳タイプの中では、1位は『AS-285BKS』(富士通ゼネラル・13万9800円=税別・工事費込み)です。業界最小(高さ250ミリ・幅728ミリ・奥行き302ミリ)のサイズに加え、この価格帯では珍しいほど高い省エネ基準達成率が特徴です。除湿には通常モードのほか洗濯物を素早く乾かすランドリーモード、ひかえめ除湿があり、人を感知して設定温度が上下する人感センサー付きです」(担当の樋口吉彦さん)

 これはビックカメラグループオリジナル機種。続く2位もその類いだ。

「2位の『RAS-GBK28E』(日立・12万9800円=同)の特徴は、フィルターとフラップがステンレス製でカビが生えにくいこと。省エネの点では、人の数、人との距離、活動量、日差しなどを感知して自動運転します」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る