大物芸人も浮上 山口組元幹部の交遊問題は芸能界にも波及か

公開日:  更新日:

 2000万円を借りっぱなしの日大名誉教授がクビとなり、会食に同席したJOCの元役員も気が気じゃないだろう。山口組の元顧問O氏との交遊が次々と明るみとなった問題である。

 2人の交遊はO氏が原告の民事裁判の過程で明らかとなった。O氏が訴訟を起こさなければ、交遊関係は判明しなかったかも知れないが、かつての“無法者”が法に訴えなければならないほど、現在のO氏は困窮しているという。

「O氏は日本屈指の経済ヤクザとして知られ、夜の銀座で湯水のごとく大金を使ってきました。3年前に高齢を理由にヤクザ社会から引退し、実入りが減った後も、金遣いの荒さは変わらず、アッという間に資金が底をついてしまった。本人はカネに無頓着なのですが、親族たちはそうは行かない。そこで過去の投資資金や貸した金を回収しようと、複数の訴訟を起こしているようなのです」(ヤクザ社会に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る