大物芸人も浮上 山口組元幹部の交遊問題は芸能界にも波及か

公開日: 更新日:

 2000万円を借りっぱなしの日大名誉教授がクビとなり、会食に同席したJOCの元役員も気が気じゃないだろう。山口組の元顧問O氏との交遊が次々と明るみとなった問題である。

 2人の交遊はO氏が原告の民事裁判の過程で明らかとなった。O氏が訴訟を起こさなければ、交遊関係は判明しなかったかも知れないが、かつての“無法者”が法に訴えなければならないほど、現在のO氏は困窮しているという。

「O氏は日本屈指の経済ヤクザとして知られ、夜の銀座で湯水のごとく大金を使ってきました。3年前に高齢を理由にヤクザ社会から引退し、実入りが減った後も、金遣いの荒さは変わらず、アッという間に資金が底をついてしまった。本人はカネに無頓着なのですが、親族たちはそうは行かない。そこで過去の投資資金や貸した金を回収しようと、複数の訴訟を起こしているようなのです」(ヤクザ社会に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る