山口組元幹部から巨額借金…日大名誉教授の“スレスレ”人生

公開日: 更新日:

 相手が大物ヤクザと知りながら、本人は「個人的には紳士的な付き合いをしている」と大学側に説明したという。

 山口組の元最高幹部に10年前から投資資金2000万円を借りっぱなしの日大名誉教授(77)。NHKの取材には「返済を求められていないので借りたまま」「反社だからすべてが悪いというのはおかしい」と答え、罪悪感は希薄な様子だが、それもそのはず。教育者の肩書とは裏腹に、塀の上を歩いてきたようなキワドイ人物なのである。

 問題の名誉教授は日大法学部で国際法を専攻し、7年前に定年退職したY氏。借金相手は05年の6代目体制発足に伴って山口組顧問に就任し、3年前に高齢を理由に引退したO氏(82)だ。かつては屈指の経済ヤクザとして知られ、うなるほどの大金を湯水のごとく使って夜の銀座を歓喜させた人物である。

 二十数年前に2人は共通の知人を介して出会ったようだが、「Y氏はまるで“ヤマ師”。いつもOさんに儲け話を持ち掛け、ウロチョロしとった」とは、O氏の知人の証言だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ