• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パンツ大臣騒動の裏で… 萩生田官房副長官の“キワドイ舌”

 臨時国会が開かれない中、閉会中審査で話題になったのは“パンツ泥”の過去を追及された高木復興相だけ。ところがその裏で、かねて舌禍を不安視されている萩生田光一官房副長官(52)がやらかしていた。

「高木大臣の“パンツ泥”報道が出た直後、萩生田さんは『(高木大臣は)女性の部屋の鍵を盗んだと報じられているが、福井の人はそもそも家に鍵をかけない』と言ったそうです。自分でも“マズイ”と思ったのか、すぐに『あっ、書かないで。福井の人に怒られる』と慌てて取り消したといいます」(永田町事情通)

 本来、スキャンダルの処理に頭を悩ませるのが官房副長官の役目ともいえるが、火を消すどころか広げているのだから、どうしようもない。

 14年1月にオバマ米大統領が、前年12月の安倍首相の靖国参拝について「失望」を表明した時も、萩生田官房副長官は「共和党政権の時はこんな揚げ足を取ったことはなかった。民主党のオバマ政権だから言っている」と放言。14年10月には、従軍慰安婦について謝罪を表明した「河野談話」をめぐり、「もはや役割は終わった。骨抜きになっていけばいい」と言ってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る