パンツ大臣騒動の裏で… 萩生田官房副長官の“キワドイ舌”

公開日: 更新日:

 臨時国会が開かれない中、閉会中審査で話題になったのは“パンツ泥”の過去を追及された高木復興相だけ。ところがその裏で、かねて舌禍を不安視されている萩生田光一官房副長官(52)がやらかしていた。

「高木大臣の“パンツ泥”報道が出た直後、萩生田さんは『(高木大臣は)女性の部屋の鍵を盗んだと報じられているが、福井の人はそもそも家に鍵をかけない』と言ったそうです。自分でも“マズイ”と思ったのか、すぐに『あっ、書かないで。福井の人に怒られる』と慌てて取り消したといいます」(永田町事情通)

 本来、スキャンダルの処理に頭を悩ませるのが官房副長官の役目ともいえるが、火を消すどころか広げているのだから、どうしようもない。

 14年1月にオバマ米大統領が、前年12月の安倍首相の靖国参拝について「失望」を表明した時も、萩生田官房副長官は「共和党政権の時はこんな揚げ足を取ったことはなかった。民主党のオバマ政権だから言っている」と放言。14年10月には、従軍慰安婦について謝罪を表明した「河野談話」をめぐり、「もはや役割は終わった。骨抜きになっていけばいい」と言ってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る