パンツ大臣騒動の裏で… 萩生田官房副長官の“キワドイ舌”

公開日: 更新日:

 臨時国会が開かれない中、閉会中審査で話題になったのは“パンツ泥”の過去を追及された高木復興相だけ。ところがその裏で、かねて舌禍を不安視されている萩生田光一官房副長官(52)がやらかしていた。

「高木大臣の“パンツ泥”報道が出た直後、萩生田さんは『(高木大臣は)女性の部屋の鍵を盗んだと報じられているが、福井の人はそもそも家に鍵をかけない』と言ったそうです。自分でも“マズイ”と思ったのか、すぐに『あっ、書かないで。福井の人に怒られる』と慌てて取り消したといいます」(永田町事情通)

 本来、スキャンダルの処理に頭を悩ませるのが官房副長官の役目ともいえるが、火を消すどころか広げているのだから、どうしようもない。

 14年1月にオバマ米大統領が、前年12月の安倍首相の靖国参拝について「失望」を表明した時も、萩生田官房副長官は「共和党政権の時はこんな揚げ足を取ったことはなかった。民主党のオバマ政権だから言っている」と放言。14年10月には、従軍慰安婦について謝罪を表明した「河野談話」をめぐり、「もはや役割は終わった。骨抜きになっていけばいい」と言ってのけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る