堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

<第13回>共和党はトランプ圧勝、民主党はヒラリーが圧倒か

公開日: 更新日:

「スーパーチューズデー」直前予想

 米大統領選はいよいよ予備選最大のヤマ場であるスーパーチューズデー(3月1日)を迎える。13州と米領サモアで予備選が行われ、当欄では主要紙が行わない予想を大胆に行いたい。

 共和党ではここまで3勝1敗のドナルド・トランプが他候補を圧倒して勝利を収める…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  4. 4

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  5. 5

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  6. 6

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  7. 7

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  8. 8

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る