• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

賭博まみれの巨人に似た政権内部の荒廃

サッサと辞めたナベツネを見習え

 巨人軍がヒドイことになっている。昨年秋に3選手が野球賭博に参加したことが発覚し、無期限追放処分を受けたのに、今ごろになって新たにもう1人、一軍投手が野球賭博の参加を認めた。

 かと思えば、自チームの公式戦の勝敗を対象にして現金をやりとりしていたことまで判明。選手が試合ごとにカネを出し合い、勝てばベンチ前の円陣で「声出し」した選手が現金を総取り。負ければ「声出し」の選手が、選手一人一人に現金を払うルールで、一軍選手のほぼ全員が現金を賭けていたというから、あきれてしまう。

 数万人の観客の目の前で、チーム全体が「さあ、輪になって賭けよう!」という常軌を失ったムードに包まれていたのだ。あまりにも大胆な行動はベンチ内で日常的に賭け事が蔓延し、選手同士の感覚が完全にマヒしていたからに違いない。

 問題は賭けに加わった選手の処分である。野球協約は177条で「不正行為」の1つに「所属球団が直接関与する試合について賭けをすること」を挙げている。該当する選手は「永久失格処分にする」と定めている。自球団の勝敗を賭けの対象にするのは敗退行為、つまり八百長の温床となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る