ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

公開日: 更新日:

 この時、鳥越氏はこう発言したのだ。

「趣旨から少し外れるんだけど、これ言っておかないといけないかなって。高市早苗さんは、議会立法調査官をやっていたという触れ込みで日本に帰ってきて、田原さんの“朝まで生テレビ!”に出たんですよ」「ところが、彼女は見習い待遇で、無給で、未契約のフェロー、つまりコピー取り程度、お茶くみ程度のことしかやっていない」「だから、経歴詐称だよね、僕に言わせれば。経歴詐称」

 鳥越氏はよほど発言に自信があるのか、「もし、これで私が名誉毀損で訴えられるなら、受けて立ちます」とも話している。実際、高市大臣がアメリカの議会に採用されたという記録は見つからないようだ。それどころか「議会立法調査官」という名称さえ見当たらない。

 高市大臣は、本当に「議会立法調査官」としてアメリカ議会に採用されていたのか。もし、虚偽だったら議員を辞めざるを得ないのではないか。高市大臣の事務所はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  6. 6

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  7. 7

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  8. 8

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  9. 9

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  10. 10

    20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る