列島危機に「担当大臣」が丸川珠代や河野太郎という絶望

公開日: 更新日:
デタラメを流布して平然の丸川大臣(左)と大臣になった途端に反原発を封印した河野大臣(C)日刊ゲンダイ

 熊本地震で眠れない夜を過ごす被災者の不安を増幅させているのが、全国で唯一稼働している九州電力川内原発1、2号機の存在だ。

 丸川珠代原子力防災担当相は16日午前、川内原発の敷地内で観測された地震動が自動停止させる基準値を下回っているとして、「現在の…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る