【最新国際情勢】複雑化する国際情勢の中で日本はどう生き残るべきか。中・米・露を相手に考える。

公開日:  更新日:

「中国人とアメリカ人」遠藤滋著

 大手商社マンとして米国留学・駐在を長年経験し、その後は台湾勤務に駐中国総代表として香港から東南アジアまでを相手にしてきた著者。その人が「中国人とアメリカ人は似ている」と喝破する。

 広大な国土に多様な人々。地方によっても常識から発想法までが大きく異なる。アメリカでは「東部は頭で、中西部は人柄で、南部は腹で勝負する」という。中国も一つの「国」ではなく多様な中国人が住む「大地」だというのが実感。だが、ともに「自己中心主義」の点は同じ。かたや中華思想、かたやアメリカ例外主義に凝り固まって、日本はそのはざまで翻弄される。

 変化の仕方も日欧は段階的だが、米中は大変革が常道。アメリカはオープンでアバウト、中国はバランス感覚にすぐれて老獪という違いはあるが、結局どちらも大国なのだ。それゆえ誇り高い点も同じ。気さくな国柄といっても直接的な物言いが適切かといえばさにあらず。論争になったら、まず相手の顔を立ててから論理的に反論するのが肝心。「自己主張のビジネス術」という副題どおりの対中・対米文化論だ。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る