都知事選で自民党が“隠し玉” ZERO村尾キャスターの名前も

公開日:  更新日:

 都知事選の大本命と目された蓮舫氏が「不出馬」の見通しとなり、民進党も、そして蓮舫対抗策を練っていた自民党も、候補者選びは振り出しに戻った。参院選との事実上のダブル選で、両党とも余裕がない。隠し玉はいるのか? 意外な名前が浮上している。

■櫻井パパもまだ消えていない

 安倍首相は19日、出演したテレビ番組や街頭演説で都知事選について、「国政の党派的な戦いを都政に持ち込むべきではない」と発言。自民党単独での擁立にこだわらず、野党との相乗りも排除しない考えを示した。

 この発言に透けて見えるのは、参院選での“野党共闘潰し”の思惑だ。民進党など野党が「都知事選も野党4党の共闘で」と言っているため、まずは知事選での与野党対決ムードを壊し、結果的に参院選での野党共闘ムードをウヤムヤにしてしまおうということらしい。舛添氏辞任の前後から都知事選候補として、官邸周辺がしきりに民進党の長島昭久衆院議員の名前を「相乗り候補」として流していたのもそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る