• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都知事選で自民党が“隠し玉” ZERO村尾キャスターの名前も

 都知事選の大本命と目された蓮舫氏が「不出馬」の見通しとなり、民進党も、そして蓮舫対抗策を練っていた自民党も、候補者選びは振り出しに戻った。参院選との事実上のダブル選で、両党とも余裕がない。隠し玉はいるのか? 意外な名前が浮上している。

■櫻井パパもまだ消えていない

 安倍首相は19日、出演したテレビ番組や街頭演説で都知事選について、「国政の党派的な戦いを都政に持ち込むべきではない」と発言。自民党単独での擁立にこだわらず、野党との相乗りも排除しない考えを示した。

 この発言に透けて見えるのは、参院選での“野党共闘潰し”の思惑だ。民進党など野党が「都知事選も野党4党の共闘で」と言っているため、まずは知事選での与野党対決ムードを壊し、結果的に参院選での野党共闘ムードをウヤムヤにしてしまおうということらしい。舛添氏辞任の前後から都知事選候補として、官邸周辺がしきりに民進党の長島昭久衆院議員の名前を「相乗り候補」として流していたのもそうだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る