高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

参院選は自公の過半数割れもあり得る展開か

公開日:  更新日:

 いよいよ、安倍政権の命運を問う参院選が始まる。安倍晋三首相の隠された野望は、改憲発動に必要な3分の2、すなわち162議席以上を確保することにある。仮にこれを自民単独で達成しようとすると、今回の改選数50をほぼ倍増させて96議席を確保しないと、非改選66と合わせて3分の2に達することはない。

 そこで、自公ではどうかというと、自公合わせた改選数59を26増やして85議席にする必要があるが、公明は改選数9に対して今回は公認13人を立てていて、全員当選したとしても4議席増。とすると、自民党が22議席を上積みしないと届かず、いずれにしても現実的でない。

 他にも「改憲野党」のおおさか維新、こころ、元気、新党改革がいて、それらの合計改選数は5、非改選は11だが、大きく議席を伸ばす見通しは立っていない。つまり、3分の2の改憲勢力確保はとうてい難しいという情勢で、だから安倍は日和見を決め込んで、改憲を一切口にしなくなった。自公の候補者たちも誰ひとり、憲法を重点政策に取り上げていない(21日付朝日調査)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る