高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

参院選は自公の過半数割れもあり得る展開か

公開日: 更新日:

 いよいよ、安倍政権の命運を問う参院選が始まる。安倍晋三首相の隠された野望は、改憲発動に必要な3分の2、すなわち162議席以上を確保することにある。仮にこれを自民単独で達成しようとすると、今回の改選数50をほぼ倍増させて96議席を確保しないと、非改選66と合わせて3分の2に達することはない。

 そこで、自公ではどうかというと、自公合わせた改選数59を26増やして85議席にする必要があるが、公明は改選数9に対して今回は公認13人を立てていて、全員当選したとしても4議席増。とすると、自民党が22議席を上積みしないと届かず、いずれにしても現実的でない。

 他にも「改憲野党」のおおさか維新、こころ、元気、新党改革がいて、それらの合計改選数は5、非改選は11だが、大きく議席を伸ばす見通しは立っていない。つまり、3分の2の改憲勢力確保はとうてい難しいという情勢で、だから安倍は日和見を決め込んで、改憲を一切口にしなくなった。自公の候補者たちも誰ひとり、憲法を重点政策に取り上げていない(21日付朝日調査)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る