増田氏は“泡沫”扱い 都知事選「ネット浮動票9万」の行方

公開日:  更新日:

 終盤に入った東京都知事選(31日投開票)は、小池百合子元防衛相(64)が抜け出し、増田寛也元総務相(64)と野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)が猛追している。先行する小池氏が躍起になっているのは、浮動票の取り込みだ。

「前回の都知事選で、ネット中心の選挙活動を展開した候補が約9万票集めた。この数字が都内のネット票とみられ、ここを総取りすれば行って来いで20万票くらいのインパクトになる」(都政関係者)

 小池陣営はSNSを駆使して遊説スケジュールをこまめに発信し、演説動画をネット公開。ツイッターのフォロワー数は20万人を超え、鳥越氏の約15万人を引き離している。増田氏に至っては約5000人で、ネット界では“泡沫”だ。ここに、約157万フォロワーの橋下徹前大阪市長(47)や、約66万フォロワーの東国原英夫前宮崎県知事(58)が参戦し、女性スキャンダルに見舞われた鳥越批判を展開。ネット世論をかき回しているが、ネット票はどこへ向かうのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る