愚劣な手口を歓迎 嘘が正義となって煽られる無残な時代

公開日: 更新日:
米国のお墨付き?(C)日刊ゲンダイ

 今年、世界で最も注目を集めた英単語は「post- truth」だったという。最も権威ある英語辞書の版元であるオックスフォード大学出版部の発表だ。「真実でないもの(嘘)に人々が扇動される政治状況」の意味である。

 具体的には英国のEU離脱や米大統領選…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  2. 2

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  3. 3

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  4. 4

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  5. 5

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る