“放射能失言”で炎上 LIXIL瀬戸社長はどんな人物なのか

公開日:  更新日:

「放射能の影響で(体が)大きくなった」――住宅設備最大手LIXILグループの瀬戸欣哉社長(56)の失言が波紋を呼んでいる。

 瀬戸社長が15日、環境省で山本公一大臣と地球温暖化対策についての意見交換をした場だった。面談が始まった際、山本大臣が身長183センチある瀬戸社長の体格をほめると、瀬戸社長が冒頭の発言を。山本大臣から特に指摘もなく、面談は続いたが……。

 瀬戸社長は面談後、記者から質問攻めにあい、「冗談だった」「体重が多くなってしまったことの妻への言い訳だった」と謝罪。被災者への配慮を欠いた失言に、ネット上は「あまりにもひどすぎる」と炎上している。

■会社の方針は“スリム経営”

 瀬戸社長は東京生まれで、学生時代にバスケットボールやボクシングに打ち込んだスポーツマン。1983年に東大経済学部を卒業後、住友商事に入社。2000年に住商と米資材会社の合弁会社、住商グレンジャー(現MonotaRO)を立ち上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る