“放射能失言”で炎上 LIXIL瀬戸社長はどんな人物なのか

公開日: 更新日:

「放射能の影響で(体が)大きくなった」――住宅設備最大手LIXILグループの瀬戸欣哉社長(56)の失言が波紋を呼んでいる。

 瀬戸社長が15日、環境省で山本公一大臣と地球温暖化対策についての意見交換をした場だった。面談が始まった際、山本大臣が身長183センチある瀬戸社長の体格をほめると、瀬戸社長が冒頭の発言を。山本大臣から特に指摘もなく、面談は続いたが……。

 瀬戸社長は面談後、記者から質問攻めにあい、「冗談だった」「体重が多くなってしまったことの妻への言い訳だった」と謝罪。被災者への配慮を欠いた失言に、ネット上は「あまりにもひどすぎる」と炎上している。

■会社の方針は“スリム経営”

 瀬戸社長は東京生まれで、学生時代にバスケットボールやボクシングに打ち込んだスポーツマン。1983年に東大経済学部を卒業後、住友商事に入社。2000年に住商と米資材会社の合弁会社、住商グレンジャー(現MonotaRO)を立ち上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る