日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

籠池理事長が告発され…なぜか自民党がニンマリするワケ

 確かに理事長もワルだが、背後にいる政治家や官僚といった巨悪を逃してはダメだ。大阪市の学校法人「森友学園」の国有地払い下げ問題で、自民党の鴻池祥肇参院議員に賄賂を渡そうとしたとして、高松市内の出版社社長が森友の籠池泰典理事長らに対する告発状を大阪地検特捜部に提出した。本来なら「大疑獄事件に発展するかも」と永田町が騒然となっていても不思議じゃないが、なぜか国会議員も霞が関もニンマリ顔だ。

 告発状によると、籠池が鴻池に金品を差し出したのは、国に便宜を図ってもらう目的だったとし、「贈賄申し込み罪」に当たるとしている。それはそれできっちりと捜査してもらいたいが、今、何よりも優先するべきは籠池の参考人招致だ。ヘタをすると、今回の告発状をタテに「刑事訴追される恐れのある身のため、公の場での発言は控えたい」と参考人招致「拒否」を言い出しかねない。甘利明前経再相の口利きワイロ事件や、小渕優子元経産相のドリル優子事件と同じパターンだ。しかも、告発先は証拠モミ消しが“お手の物”の大阪地検特捜部とあれば、ますます不安になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事