安倍首相のツルの一声 「加計学園ありき」の獣医学部新設

公開日:

 安倍首相の40年来の「心の友」、加計孝太郎氏が運営する学校法人「加計学園」に、なぜか今治市から広大な市有地が無料で譲渡された一件は、国会でも取りあげられはじめた。

「『タオルと造船の町』に獣医学部……。つながりがさっぱり分からないね」――。岡山市の「加計学園」が運営する岡山理科大の獣医学部新設用地として、およそ36億円の市有地16.8ヘクタールを「無償譲渡」する今治市。突然、決まった大学設置に対し、首をひねる市民は少なくない。

 確かに市は1970年代から、大学誘致を模索していた。2000年代初めには、進出候補の具体的な名前に「松山大学」(松山市)が挙がった。しかし、「松山大学」の話は頓挫し、代わって07年ごろから、進出に強い意欲を示していたのが「加計学園」だった。元市議がこう明かす。

「市は全国の学校法人に進出を打診したが、うまくいかず、造成した土地の塩漬けもやむを得ない――と諦めていた時に現れたのが『加計学園』だ。市の当時の説明では、『獣医学部は10倍以上の競争率があり、学生が集まりやすい』でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る