日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ政権に大打撃 「オバマケア」代替法案を撤回

 政権の先行きにいよいよ暗雲だ。

 トランプ米大統領は24日記者会見し、最優先課題として掲げてきた医療保険制度改革(オバマケア)の見直しを棚上げすると表明した。

 野党民主党だけでなく与党共和党の一部で見直し法案への反対が根強く、同日の下院本会議での可決が困難と判断、法案撤回を要請した。共和党のライアン下院議長は、当面のオバマケア見直しは困難だとの認識を示した。

 トランプは会見で、「オバマケアは破滅させておけばいい」と恨み節だったが、身内の共和党議員を説得できなかったことで、大統領選で売りにしてきた「実業家としての交渉力」の限界を露呈した形だ。

 オバマ前民主党政権で成立したオバマケアは、公的補助を通じ国民に保険加入を義務付けるもの。トランプと共和党は、代替法案で保険加入義務の撤廃に加え、低所得者向けの医療保険縮小を進めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事