• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

船田元氏が語る 森友問題と特区制度「自民党議員が忖度」

 破格の国有地払い下げなど疑惑は解明されぬまま。森友学園問題はまだ終わっていない。早くからこの問題や学園の教育方針への違和感について、自身のブログで発信、メディアも注目したのが自民党衆議院議員の船田元氏だ。栃木県で幼稚園から大学院までを運営する学校法人「作新学院」の学院長を務める教育者でもある。自民党内の安倍政権に対する“忖度”の空気を含め、ズバリ聞いた。

■森友問題は早く会計検査院の中間報告を

――森友学園問題が明るみに出て2カ月半。この間、どう見ていましたか。

 問題の本質は2つだと思います。ひとつは、やはり国有地払い下げの手続きの異常です。払い下げまでの時間が非常に早く、しかも当初は貸し付けだったのが、いつの間にか売却に変わり、破格の値段で払い下げられた。値引きの理由になったゴミが適切に処理されたのかどうかも全く検証されていない。問題のもうひとつは、森友学園が運営している塚本幼稚園で「教育勅語」を暗唱していたことです。たとえ私学だとしても、そういう教育を本当にやっていいのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る