田岡俊次氏が指摘 トランプは対北朝鮮“威嚇戦略”で窮地に

公開日: 更新日:

 米空母「カール・ビンソン」(9万3000トン、60機搭載)は、4月29日に日本海に入って日韓との共同訓練を重ね、巡航ミサイル「トマホーク」154発を搭載できる原潜「ミシガン」(1万9000トン)は同月25日に釜山に入港、ICBM「ミニットマン」の太平洋への発射も同26日に行われるなど、米国は武力を盛んに誇示している。

 一方、北朝鮮も25日に元山付近の日本海岸で長距離砲と多連装ロケット砲計300門以上の実弾射撃演習を行い、有事にはソウル北方約40キロの南北境界線付近の地下陣地からソウルを砲撃し「火の海」にする能力を見せつけた。29日には対艦弾道ミサイル「KN17」かとみられるものを発射し失敗するなど、威嚇の応酬が始まっている。

 日本のメディアは米軍の動きを「牽制」と報じ、北朝鮮軍の行動を「挑発」「威嚇」とするが、客観的には似たもので、片方だけを「牽制」というのは忖度じみた表現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る