田岡俊次氏が指摘 トランプは対北朝鮮“威嚇戦略”で窮地に

公開日:

 米空母「カール・ビンソン」(9万3000トン、60機搭載)は、4月29日に日本海に入って日韓との共同訓練を重ね、巡航ミサイル「トマホーク」154発を搭載できる原潜「ミシガン」(1万9000トン)は同月25日に釜山に入港、ICBM「ミニットマン」の太平洋への発射も同26日に行われるなど、米国は武力を盛んに誇示している。

 一方、北朝鮮も25日に元山付近の日本海岸で長距離砲と多連装ロケット砲計300門以上の実弾射撃演習を行い、有事にはソウル北方約40キロの南北境界線付近の地下陣地からソウルを砲撃し「火の海」にする能力を見せつけた。29日には対艦弾道ミサイル「KN17」かとみられるものを発射し失敗するなど、威嚇の応酬が始まっている。

 日本のメディアは米軍の動きを「牽制」と報じ、北朝鮮軍の行動を「挑発」「威嚇」とするが、客観的には似たもので、片方だけを「牽制」というのは忖度じみた表現だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る