6月相場は株価2万円台固め「働き方関連」狙うべき17銘柄

公開日:

 6月に入り、兜町の空気がガラリと変わった。

「5月の停滞がウソのようです。日経平均は2万円を固める動きとなるでしょう」(市場関係者)

 2日午前、日経平均は1年半ぶりに2万円の大台を突破した。

「トランプ大統領のロシアゲート疑惑や、北朝鮮のミサイル発射といった悪材料は残っているものの、5月に公表された上場企業の決算は好調そのものでした。海外の機関投資家は新しい月に入ったことで、悪材料をとりあえず棚上げし、大量の買い注文を出した。悪い流れを断ち切ろうとしているのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均は5月16日にも、2万円まであと1円51銭に迫ったが、そこから勢いを失った。

「本音をいえば、5月中に2万円を付けなかったことはプラスです。株価を押し上げようとするマグマがたまりにたまり、いまや爆発寸前です。いったん2万円を付けたら急騰相場が出現する可能性は高いでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る