6月相場は株価2万円台固め「働き方関連」狙うべき17銘柄

公開日:

 6月に入り、兜町の空気がガラリと変わった。

「5月の停滞がウソのようです。日経平均は2万円を固める動きとなるでしょう」(市場関係者)

 2日午前、日経平均は1年半ぶりに2万円の大台を突破した。

「トランプ大統領のロシアゲート疑惑や、北朝鮮のミサイル発射といった悪材料は残っているものの、5月に公表された上場企業の決算は好調そのものでした。海外の機関投資家は新しい月に入ったことで、悪材料をとりあえず棚上げし、大量の買い注文を出した。悪い流れを断ち切ろうとしているのです」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 日経平均は5月16日にも、2万円まであと1円51銭に迫ったが、そこから勢いを失った。

「本音をいえば、5月中に2万円を付けなかったことはプラスです。株価を押し上げようとするマグマがたまりにたまり、いまや爆発寸前です。いったん2万円を付けたら急騰相場が出現する可能性は高いでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る