中央区から無所属で 森山高至氏に都議選出馬の真意を聞く

公開日:  更新日:

 都政にいきなり殴り込みだ。1級建築士で建築エコノミストの森山高至氏(51)が東京都議選(7月2日投開票)に立候補することが分かった。移転問題で揺れ動く築地市場のある中央区から、無所属で出馬する意向だ。

 森山氏は現在、小池都知事が設置した「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の専門委員を務める。早大理工学部を卒業後、設計事務所を経て、早大政経学部大学院修了。地方自治体主導のまちづくりや公共施設のコンサルティングを行ってきた。新国立競技場建設や築地市場の豊洲移転を巡り、テレビ・新聞などで多くの問題点を指摘してきた。

 関係者によると、出馬のきっかけは、小池が率いる都民ファーストの会が23日に発表した選挙公約。移転の可否を明言しなかったことに、失望しているらしい。

 森山氏に出馬の真意を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る