残党組が烏合の衆 「国民ファースト」に群がる陳腐な面々

公開日: 更新日:

 都議選から1週間。圧勝の勢いを駆り、小池都知事の周辺が早速動き出した。小池知事率いる地域政党「都民ファーストの会」の応援を理由に自民党を離党した若狭勝衆院議員が9日、「一気呵成につくることが大事であり、来年、再来年ということになると、ズルズルと時が過ぎてしまう」と発言。「2大政党制の受け皿になれる団体がつくられていくべきだ」などと、年内の国政政党設立に踏み込んだ。

 政党要件を満たすには、国会議員5人以上を集める必要がある。都議選では若狭氏のほかに3人の国会議員が都民ファを支援。元民進党の長島昭久衆院議員、元日本維新の会の渡辺喜美参院議員、無所属の松沢成文参院議員だ。長島氏はともに離党した2市議が都民ファ公認で出馬したことなどから、連日のように現場入り。渡辺氏は都民ファ幹事長の音喜多駿都議に「祈・必勝」の為書きを出したことがバレて維新を除名された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  8. 8

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る