都議選の自民惨敗を喜べない…民進はやがて消える運命か

公開日: 更新日:

 2日に投開票された都議選で、自民党と並んで惨敗したのが民進党だ。1998年の旧民主党結党以来最低だった前回(2013年)の15議席を大きく下回り、現有7議席も割り込む5議席。党内では「現有マイナス2ならトントン」みたいな声が出ているらしいが、告示前に公認候補の離党者が続出していたから、戦う前から負けていたと言っていい。そうしたら、予想通りというのか、これ以上、ドロ舟に乗っているのはゴメンだとばかり、藤末健三政調会長代理が離党した。

「反対が先行する政党と誤解されている」――。3日の会見で離党理由について、こう説明した藤末。都民ファースト入りの可能性を問われると「(都民ファと)合流するために離党するワケではない」と否定していたが、言葉通り受け取る人は永田町では一人もいないだろう。

 都議選でハッキリしたことは、もはや民進党はどんなにあがいても政権批判の受け皿にならないということ。都民ファが国政進出をにおわせた途端、都議選前と同様、雪崩を打ったように民進党から離党者が出るだろう。本来であれば、比例選出の藤末の離党に対して、党内から「議席を返せ」と批判の声が出て当然なのに、静かなのは「いつか我が身」と考えている証左だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る