日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大幸薬品・柴田高社長<4>「正露丸」頼みにならない強み

大幸薬品の柴田高社長(C)日刊ゲンダイ

 ラッパのマークで知られる「大幸薬品」の柴田高社長は2004年、副社長に就任した。48歳のときだ。もともと柴田は、大幸薬品の創業者一族である。

 大幸薬品が成長するのに伴い、同族企業の限界を感じはじめた柴田は、上場することを決意した。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事