トランプがロシア疑惑に関与か 長男に事実関係の隠蔽指示

公開日:  更新日:

 米国のトランプ政権を揺るがすロシア疑惑で、トランプ大統領自身が隠蔽に関与した疑いが強まっている。

 長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏が昨年の大統領選挙中、対立候補のクリントン氏に不利な情報を提供すると持ちかけたロシア人弁護士と面会。この事実が明るみに出た直後、トランプ・ジュニア氏は「養子縁組の話し合い」と説明していた。これがトランプの指示だったと先月31日付の米ワシントン・ポストが報じた。

 トランプ・ジュニア氏は、事実関係を公表する方針だったが、トランプが自分で声明文を考え、指示したという。

 ホワイトハウスのサンダース報道官は1日、トランプ・ジュニア氏の声明作成にトランプの関与を認めたものの、「父親なら誰しもやるように、自分が持つ限られた情報をもとに口を出した。断じて指示はしていない」と釈明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る