民進・桜井充氏「加計学園が認可されれば文科省も追及」

公開日: 更新日:

閉会中審査で「岩盤規制」を丁寧に説明する手もあった

 疑惑まみれの安倍首相がどんどん追い詰められている。“腹心の友”が理事長を務める学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画についての閉会中審査では、政権ぐるみの「えこひいき、ウソ、隠蔽」が一層鮮明になった。攻勢を強める野党は幕引きを急ぐアベ自民をどう追い込むのか。民進党の「加計学園疑惑調査チーム」の共同座長を務め、閉会中審査でも存在感を示した民進党参議院議員の桜井充氏に聞いた。

  ――安倍首相は「丁寧な上にも丁寧に説明を続けたい」と言って閉会中審査に臨みましたが、相対してみてどうでしたか。

 低姿勢で言葉遣いも丁寧になりました。「ヤジをやめてください」「私が答弁しようとするとこうやってヤジで妨害するんです」などという時間稼ぎもしなくなった。しかし、答弁の中身は何ら変わっていません。

  ――安倍首相は国会答弁を修正しました。国家戦略特区を活用し、愛媛県今治市の獣医学部新設計画の事業主体が加計学園だと知ったのは、加計が認定された今年1月20日だったと強弁し、関与を全面否定しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る