• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋本元市議に新たな疑惑 虚偽領収書で政活費不正請求か

 またもや似たような手口の政務活動費の不正請求疑惑だ。神戸市議を辞職した橋本健氏(37)が、2014年5月に神戸市内の別の印刷会社にも虚偽の領収書を発行させ、政活費約194万円を受け取っていた疑いがあることが分かった。

 領収書のただし書きには、「市政報告一式」と記されているが、印刷会社には、領収書に該当する橋本元市議の市政報告を印刷したデータはなし。橋本氏は約194万円を会社に支払ってプールさせ、政活費と認められない名刺や封筒の印刷代に充てていた疑いがある。また領収書の日付も実態と異なる「14年3月31日」と記されていた。

 橋本氏は、10年から5年間、市政報告の広報チラシを架空発注して政活費約720万円を不正請求した疑惑を受け、先月29日に辞職した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る