• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平昌パラ開幕 小池都知事が突然「現地視察」決定の裏側

 迷走が止まらない。

 日本勢が過去最多の13個のメダルを獲得した平昌五輪に続き、パラリンピックが9日開幕する。2020年夏季大会の開催都市のトップである小池百合子都知事は以前、平昌五輪の現地視察について「役割がないから行かない」とそっけなかったが、なぜかパラリンピック閉会式への出席を突然決定。裏には浅はかな思惑があった。

 小池は変節の理由について先月23日の会見で「(五輪の)開会式などを視察した都議会のオリパラ議連のメンバーから『知事もじかに現地を見たらどうですか』と、熱心なアドバイスをいただいた」からと説明していた。オリパラ議連とは、20年東京五輪・パラリンピックの成功を目指す超党派議連。100人超が所属する巨大議連の幹部には、“小池一派”である都民ファーストの会(都F)の議員も名を連ねる。

 そんな議連メンバーからの熱心な助言なら翻意も理解できなくはないが、ある議連関係者はこういぶかしむ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る