中国が未承認 東芝メモリ売却難航にほくそ笑む株主の思惑

公開日: 更新日:

 圧倒的な“稼ぎ頭”を売らなくても済むかもしれない――。

 東芝は26日、米投資ファンド「ベインキャピタル」が主導する「日米韓連合」に売却する計画の「東芝メモリ」について、一部の競争法当局の承認状況の確認が取れていないと発表した。ベイン連合との契約では、月内の売却完了には23日までの各国独禁当局の審査通過が条件。関係者によると、中国の独禁当局からの承認が得られていないようなのだが、「売却難航」にほくそ笑む株主も少なくないという。

「東芝は当初、メモリを売却して、今年度末の債務超過を回避する計画でした。ところが、昨年12月に約60社が第三者割当増資に応じ、約6000億円を増強し、債務超過を解消させました。メモリの売却相場は4兆~8兆円が妥当といわれているのに、『日米韓連合』への売却額は2兆円。多くの株主は、債務超過が解消された状況で、利益の9割を稼ぐ東芝メモリを格安で売ることに『異議あり』なのです」(電機業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  6. 6

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  10. 10

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

もっと見る