子会社役員辞任 不正接待連発もソニーがやけに慎重な理由

公開日:

 景気がいいせいか。ソニーの内部監査で、子会社の役員が不適切な接待や出張を繰り返していたことが明らかになった。問題があったのは子会社2社で、不正を指摘されたのは3人。そのうち1人は2社の社長を兼務していて、3人とも指摘を受けてすでに退職しているという。

 ソニーは27日に発表する2018年3月期決算で20年ぶりの最高益を更新。最終利益は前期比6.5倍の4800億円に上る見込みだ。V字回復のウハウハでグループ全体にゆるみが生まれたか。

 内部監査では、今のところ取引先を使ったキックバックや3人以外に不適切な支出は見つかっていないことから、組織ぐるみの不正ではないとされる。しかし、出張費については、カラ出張疑惑も報じられている。

 ソニーは、不正に支出された金額を明らかにしていない。「取締役としての適格性が疑われる」レベルとされるが、この人事は非公表。業務上横領罪に問えそうな気もするが、そんな動きが見られないのはなぜなのか。弁護士の山口宏氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る