歴史的会談に歓迎一色 南北会談前夜の現地はお祭りムード

公開日: 更新日:

 キャッチフレーズは「民族の春」「平和、新しい春」――。各種世論調査で、約6~8割の韓国国民が肯定的に評価している南北首脳会談。「歴史的な日」を迎えた現地は、どんな様子なのか。ソウルを取材した。

 世界の注目度は過去2回の南北会談をはるかにしのぐ。

 26日、ソウル近郊高陽市の国際展示場にオープンしたメインプレスセンターでは、41カ国・地域の460社のメディアから2850人が24日までに取材登録した。当日の登録も合わせると、3000人を超える見通し。2000年の南北会談では約1000人、07年は約1700人の登録だったから、大幅増だ。

 プレスセンターでは「会談はうまくいくだろう」という楽観ムードが広がっている。北朝鮮との国境に近い小学校の「こども記者」がセンターを取材するなど、ほのぼのとしており、政治的な緊迫感は皆無に等しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る