イタリア危機より怖い…市場が怯える「ラマダン大暴落」

公開日:

 イタリアの政局不安が日本市場に飛び火した。30日、日経平均は一時400円安まで下落し、2万2000円の大台を下回った。

「イタリアは政治の混迷から、国債の金利が急上昇(価格は下落)しています。さらに、EUに懐疑的な政党の台頭により、イタリアのEU離脱がテーマになってきました。欧州全体の金融不安が浮上し、世界的な株安が顕著になっています」(IMSアセットマネジメント代表の清水秀和氏)

 ただでさえ5月相場は、「セル・イン・メイ」(5月に株を売れ=株安局面)といわれる。今年も米朝首脳会談の行方や、トランプ米大統領がブチ上げた「自動車の輸入関税25%への引き上げ」検討といった悪材料で株安に見舞われ、日経平均はここ1週間で1000円ほど下げた。

「気になる相場ジンクスも囁かれ出しました。イスラム教徒の断食月であるラマダンと株価の関係です。ラマダン中は株価が下落しやすいという内容です。今年は今月16日にラマダン入りしました」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る